研究・開発・設計の仕事−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
研究・開発・設計の仕事


基礎研究

 短期的な収益を求めず、長期的視点に立って次世代を担う可能性がある技術を研究するのが基礎研究。 戦略的研究、基盤的研究とも呼ばれる。



応用研究

 基礎研究の成果をどうやって実用化可能な技術に転換させるかを研究テーマとする。 基礎研究と技術開発(開発研究)とをつなぐ役割も担う。



技術開発

 応用研究の成果を新製品という形に仕上げることを目的にしている。 場合によっては新製品の生産に必要な生産技術の研究も手掛ける。 開発研究と表現されることもある。



生産・製造技術開発

 モノをつくるための製造技術の改良や、新製品の生産に必要な新製造技術を考案し、生産現場に根付かせるのが仕事。 製品の競争力を高めるために欠かせない。



機械・電機・電子機器設計

 機械や電気機器、電子部品の新製品や改良品を設計する。 これらの製品には必ずといっていいほど半導体が使用されるので回路設計も重要な業務。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

研究・開発・設計の仕事−正社員求人・就職・転職ガイド