福祉・栄養関連の資格−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
福祉・栄養関連の資格


(★は国家資格)

介護福祉士

 日常生活に支障が生じている高齢者や障害者に対して介護を行う。 介護計画の立案や記録、本人やその家族などに対して介護に関する指導や助言も行う。

ホームヘルパー

 高齢者や障害者がいる家庭を訪問して、食事、排泄、着替え、入浴の手伝い等の身体介護や、掃除、洗濯、買い物等の生活援助を行う。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

 要介護者などからの相談に応じ、適切な介護サービスが受けられるように市区町村や介護サービス提供機関などとの調整を行ったり、ケアプランを作成する。

社会福祉士

 心身に障害をもっていたり、日常生活を送るのに支障がある人に対して、福祉に関する相談に応じたり、助言、指導、援助を行う。 各種社会福祉施設、民間の福祉関連事業所、医療機関などで働く。

栄養士

 事業所給食施設、介護・老人福祉施設や児童施設、学校の給食センターでの献立作成、食事管理、栄養指導、食材発注や調理員への栄養に関する指導、給食施設の衛生管理などを行う。

食品衛生責任者

 食品の製造販売や飲食店を経営するなど食品に関わる事業を行う場合には必須。 従業員の衛生教育、施設の管理、食品取り扱い方法の管理などを行う。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

福祉・栄養関連の資格−正社員求人・就職・転職ガイド