住所・連絡先−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
住所・連絡先


 住所を書くときは、省略をせずに正式な住所を記入します。 例えば『○○町1-2-3』ではなく『○○町1丁目2番地3号』というように略さず書きます。
 正式な住所の記載方法が分からない人は一度、住民票や戸籍抄本などで確認すると良いでしょう。

 現住所と住民票の住所とが違っている場合は、現住所を記入します。 またマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、マンション名、アパート名、部屋番号まできちんと記載します。

 連絡先は人事担当者からの緊急の連絡の場合に、確実に連絡が取れる連絡方法を明記します。 固定電話と携帯電話がある場合は両方書いても、どちらか一方だけ書いても構いません。 両方とも無い場合は空欄でも構いません。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

住所・連絡先−正社員求人・就職・転職ガイド