希望条件−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
希望条件


 履歴書によっては希望条件欄があります。 希望条件には書いた方が良い条件と、書かない方が良い条件とがあります。

 *職種

 求人の職種がいくつかある場合は『希望職種』は必ず記入する必要があります。 その際、企業側の募集要項で使われている職種名と同じ名称で記入します。 フリースペースの履歴書の場合は、『希望職種』と項目を作り、必ず記入します。
 単にその職種名を書くだけではなく、その職種を通してやりたいことなど自己PRを兼ねて記入しても良いでしょう。

 *勤務地

 通常は『転勤可能』などの志望した会社へ入社したいという熱意が表現できる書き方が望ましいですが、勤務地の制限がある場合も履歴書では触れずに面接で話した方が無難です。
 もしどうしても応じられない勤務地がある場合は、転勤の可能性の高い企業を選ばないことです。

 *給与

 通常は『御社規定に準ずる』という書き方で具体的な数字は書きません。 多くの会社で待遇面はあらかじめ決められているので、通常規定どおりに決定されます。
 但し、外資系企業の場合は、重要な契約条件となることも多いので、その際も希望金額の根拠となるようなことを併記しましょう。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

希望条件−正社員求人・就職・転職ガイド