転職回数が多い場合−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
転職回数が多い場合


 転職回数の多い人は、不利になると言われている。
 それは企業側に『協調性に欠くのでは?』『採用してもすぐ辞めてしまうのでは?』という疑問や不安を与えてしまうからである。

 このような疑問や不安を払拭させるために、前向きな姿勢を強調することが重要になる。 単に職歴を並べるだけではなく、今まで経験した仕事の中で、今回の応募職種との共通点を探し、その関連性のある仕事内容を、これから応募する企業や職種に活かすことができるという点を具体的にアピールする項目を設けると良い。
 これからどういうことをやっていきたいのかという将来のビジョンをはっきりと意欲的に伝えることがポイント。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

転職回数が多い場合−正社員求人・就職・転職ガイド