退職後ブランクがある場合−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
退職後ブランクがある場合


 目的のないブランクは評価が下がるだけなので、長いブランクがある場合はその理由を明確にする必要がある。

 具体的には、子育て、介護、資格取得に向けて勉強・留学など、目的意識のあるブランクの理由を説明する。
 病気療養のためのブランクであれば、現在は回復し、今後の業務に支障を及ぼすことがないことを伝える。
 転職活動でブランクが長引いた場合、その経験を前向きにとらえ、その活動の中で何を考え、これからどのように活かしていくかをアピールすることが重要。

 ブランクの理由が解消されたのか否かということが採用する側にとっては重要な点なので、現在は働ける状況であることを伝える。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

退職後ブランクがある場合−正社員求人・就職・転職ガイド