面接のタブー・癖−正社員求人・就職・転職ガイド
正社員求人
面接のタブー・癖


 面接時に絶対やってはいけないことです。確実に評価が下がるので注意しましょう。

 *貧乏ゆすり

 これほど面接官にマイナスなイメージを与えるものはありません。 緊張がほぐれた拍子についつい出てしまうことが多いようです。 貧乏ゆすりの癖がある人は時間をかけて直しておきましょう。
 腕を組んだり、足を組んだりするのももちろんダメです。

 *考えるときに下を向いてしまう

 会話中のテクニックとして『適度に目を伏せる』というのは、面接官に威圧感与えないためにも有効ですが、その時間があまりにも長かったり、それに加えて眉間にシワを寄せたりするのであればマイナスです。
 また頭を掻いたり、発言の冒頭に『え〜』などと言ってしまうのも、マイナス印象です。


Copyright(C) 2009〜
正社員求人・就職・転職ガイド

面接のタブー・癖−正社員求人・就職・転職ガイド